部族民通信サブページ   開設2年9月10日 投稿2020年11月20日
 
ボロロ族酋長 
悲しき熱帯より
部族民通信     
動画とPDFチャネル部族民通信ホームサイトに戻る
 
サイト主宰
蕃神(ハカミ)義男
   Youtube人類学講座の案内
1 部族民通信人類学講座をYoutubeに開設
(2020年10月2日)
2 使用する動画、資料をこの頁にMP4,PDFにて収蔵
3 皆様にも接近、閲覧できます。
MP4動画はFullHD規格です。開くにはパソコンに見合った処理能力が必要
 
   新規投稿の案内:
野生の思考 4 魔術:
魔術とは具体科学(=先住民の思考総体です、モノへ執着する科学)の哲学.....(11月16日Youtube投稿)
 
悲しき熱帯
tristes tropiques
1,
2(亡命まで)
3,4,5(夕日考),
6,7,8(ボロロ族)
 
9(死者と生者)
10,11(三題噺)



構造主義三題噺の
図表
この図が結論です。クリックで拡大



マンドラゴラは横死した男の精が土中で育ったモノ。Cogruenceの思弁がここに見られる。
西欧の土俗信仰
レヴィストロース著 悲しき熱帯 1 
内容・サンパウロ大学の教授に選任されたいきさつ
フランス敗戦後、アメリカに亡命できるまで(VarianFryのユダヤ人救出計画)
 をクリック、 (2020年10月2日) 
資料全32頁、22頁までが1
MP4動画をクリック 約17分の動画(Youtube動画と同じです)++

悲しき熱帯 2 VarianFryの救出作戦
内容:Fryの救出作戦の全貌と救出されたユダヤ著名人。そしてレヴィストロースは何も語っていない。
24頁以降がVarianFryに対応する 
MP4動画  youtube投稿済

悲しき熱帯 6 Bororo族への旅上
内容:Bororoが住むのはマトグロッソの南辺、近隣のクアイバを出発してたどり着くまで。村落の形状なども。(2020年10月9日)

MP4動画 youtube投稿済

悲しき熱帯 7 Bororo族への旅下
内容:Boror村訪問の下。(2020年10月12日)
 後半が今回投稿動画の部分です
MP4動画youtube投稿済


悲しき熱帯 8 死者と生者 上
内容:死者には意識があるかないか、意識を持つ死者にどのように対応するべきなのか。西欧(そして日本も)とボロロ族の信仰、信心を重ね合わせレヴィストロースが色々と教えてくれる。

MP4動画youtube投稿済 (2020年10月16日)
悲しき熱帯 9 死者と生者 下
内容:ボロロ族の信仰は死者は意識を持たない、故に利用出来る。利得を得たのだからジャガー狩りを認めろと自然に強要する。もう一方では「死者はお迎え(死神Bari)を待っている。Bariダンスの葬儀を施して、浄土行きを演出する。彼らの(信じるしかない)心構えをCreduliteとして、サンタクロース伝説と重ねる。

MP4動画youtube投稿済(2020年10月19日)

悲しき熱帯 10  
心理分析実存主義構造主義の三題噺 上
本書61ページに心理分析と歴史弁証法を批判した文列が並ぶ。解読すると思考がいかにして現実を説明するかの紐解きであった。

MP4動画(2020年10月23日youtube投稿)

悲しき熱帯 11  
心理分析実存主義構造主義の三題噺 下
レヴィストロースは構造主義を語る前に「知覚の現象論」を引き合いに出します。その主張と真実に迫る手法を混乱の現実世界、調和の真実 .....
(前回=10=のPDFと同じ、後半部が本11回目となります)
MP4動画(2020年10月26日youtube投稿)

悲しき熱帯を一旦中断して、PenseeSauvage野生の思考に入ります。悲しき熱帯夕日考は2021年の正月特集に予定します。

野生の思考 1 具体科学 Science du Concret
先住民とされる人々の思考は新石器革命を経て世界に伝播した。その基本思想は「モノ」へのこだわり、モノ自体を本質とする。
 29頁
MP4動画ロゴをクリック(2020年10月30日youtube投稿)

野生の思考 2 具体科学 Science du Concret 言語と抽象化の上
先住民の言語は抽象語が少ない、これをもって彼らは「思考能力に劣る」とした人類学者への反論。言葉を持つとはそれ自体で抽象化している。この思考過程をれをdecoupage conceptuelとレヴィストロースはしている。
25頁
MP4動画ロゴをクリック(2020年11月9日youtube投稿)

野生の思考 3 言語と抽象化の続き 
Congruence(紐付け)という先住民特有のの思弁に焦点を当てます。形のわずかな似通い、あるいは経時的近接さから「形状は違うけれどもモノとして同一」と考える仕組みです。現代人はこれをして「迷信」と退けています。ExigencesIntelectielles知的脅迫に取り憑かれる先住民の宇宙原理の一つとなります。
(前回「言語と抽象化の上と同じPDFです)
MP4動画ロゴをクリック(2020年11月9日)

野生の思考 4 魔術
魔術とは具体科学(=先住民の思考総体です、モノへ執着する科学)の哲学です。
Mauss(社会学者、1950年没、フランス)によればGigantesque variation sur le theme du principe de causalite=因果律の上にのさばる巨魁なる変異である。レヴィストロースはそれを「近代思考の原初的思考」と捉えたら、なにも理解できない....魔術の論理はモノ主体の具体科学一範疇で、それ自体で完結している。一元因果論causalitemono-lineaireは部族民の解釈となります。
では「硬直し、理屈に合わない」魔術の因果を、先住民がなぜ故に信奉していたのか...

MP4動画ロゴをクリック(2020年11月9日)
==============================================================================

以下は今後Youtube投稿予定
(本頁ではPDFのみ、動画MP4はYoutube 投稿後に本サイトに収蔵します)

悲しき熱帯 3  夕日考の1 
内容:EcritenBateau船上にてと題される33行の小文、これのみイタリック体が用いられる。夕日と朝日の区別は無い(ギリシャ人)から始まり、中世の農夫が帰り道に振り返る夕日、そして彼が船から見た夕日の情景と心に浮かぶ感興をまとめた。
 をクリック、全25頁 

悲しき熱帯 4  夕日考の2(自ら語る夕日)
内容:20数年にわたる著述生活、その黄昏に夕日考を思い出した。あの夕日が後の著作を予告した。夕日は宇宙の一生を教えていた


悲しき熱帯 5 夕日考の3(もう一つの夕日)
内容:誰もいない浜辺、祈る老人の前には神が降臨した。(2020年9月15日)

 
資料の一葉クリックで拡大 


資料の一葉クリックで拡大


CliftonBayの今
Bororo族の葬式(準備)
クリックで拡大






客観的統合が見せる世界と見えない世界を結びつける。クリックで拡大。


野生の思考PenseeSauvage
第一回目投稿スライド1



投稿スライド2

クリックで拡大

具体科学の2





魔術、因果律の巨魁
野生の思考
La Pensee
Sauvage
 



野生の思考 2 言語抽象化 Langue et Pensee abstraite
先住民が用いる言語は「動物」「植物」など抽象化した語が(おうおうにして)存在しない。しかしこれを持って彼らには抽象能力に欠としたら間違い。ソシュールの構造言語学を用いて言葉の抽象化に切り込むレヴィ・ストロース。
ロゴをクリック 25頁

野生の思考  3  魔術 Magie
魔術は事象の顛末を一元因果律で説明する。モノからモノへの結末を直線的に考える。この思考はモノを属性分解する近代科学には受け入れられない。
ロゴをクリック 29頁

野生の思考 4 寄せ集め Bricolage
寄せ集め思考とは集めたモノの属性を気にせず整理し集成する。今見えているモノ(素材)と出来上がりの形状に(工芸人の頭にある概念)にブレが出ている
ロゴをクリック 29頁

野生の思考 5 トーテム分類法 La logique des classification totemique
correspondanceなる概念が先住民の分類法である
ロゴをクリック33頁

野生の思考 6 トーテム分類法 の下、まとめ

ロゴをクリック 19頁   (2020年9月15日)



実態と抽象概念 
2から




寄せ集め作品の例 
4から




まとめ野生の思考対近代
思考
6から
野生の思考
La Pensee
Sauvage
第二部
サルトル批判




歴史と弁証法Histoire et Dialectique 1
歴史とは。サルトルは歴史は神、モノだとする。レヴィ・ストロースは思想とする。

歴史と弁証法Histoire et Dialectique 2
未開の思考、Cogitoの捕囚。実存主義は個が経験によって知を得るとする。しかしその知を社会化しても歴史の起因にはならない。

歴史と弁証法Histoire et Dialectique 3

まとめと図表。

 
サンジェルマン大通りのCafe(DeuxMagots)
でコーヒーを楽しむサルトル
(写真はWikipediaから)
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター